配当金狙いの日本株式投資。個人的な投資基準と参考指標について

今回は、私が「長期の配当金狙いで保有する日本株式」の購入基準や参考指標について簡単に書いていきます。あくまでも個人的な「参考値・基準値」です。

配当に関する数値の基準について

まずは配当に関する基準です。配当金狙いなので、当然ここが重要なポイントですね!

配当利回りについて

年間配当利回り:3%

配当利回りとは貯金でいう金利みたいなイメージですね。金利とは異なりますが、株を保有しているともらえるお金です。もちろん、配当金狙いですから、年間配当利回りが高い方がいいですよね。貯金をする時も金利が高い方が良いですよね。

将来の利回り

配当利回りは高い方が良いです。しかし、配当金が減る可能性のある銘柄より、増える可能性のある銘柄の方が良いですよね。もちろん、先のことはどうなるのかわからないですが・・・

「減配している銘柄」か「増配している銘柄」どちらが良いかは明確ですよね!

とはいえ、毎年増配していても数円程度で今の利回りが2%以下となるとあまり美味しくはないですね。そのため、一つの目安として3%程度と考えてます。

高すぎるのも警戒

配当利回りは高いに越したことはないですが、明らかに高い銘柄は特別な理由があったりします。そのため「個人的には3%前後の銘柄が狙い」なのかなと考えています。今だけでなく将来的にも「安定的に3%くらい確保できそうな銘柄」って感じですね。

参照:配当|Wikipedia

配当性向について

配当性向:50%

配当性向を簡単にいうと「会社が稼いだお金の内、どれだけ配当金に回したか」の数値ですね。会社は成長するために設備投資をしたり、何かあったときの為にお金を貯めておく必要もあるので利益全てを配当に回すわけにいかないです。

適切な配当なのか

一時的に多くの配当を払う事はあるかもしれないです。しかし、毎年のように利益の多くを配当に回しているのは「配当を下げたくないので無理に配当を出す」、「他にお金の使い道が見つからない」と考えることもできますよね。

減配する可能性も

利益の多くを配当に回している場合、いつかそのツケが来る可能性(減配・無配)があると個人的には考えています。もちろん、会社により配当の方針は異なりますが、50%未満で推移しているのが一つの目安と考えています。

株価指標・財務状況の基準について

配当の次に株価指標や財務状況も当然、重要な判断ポイントと考えています。

時価総額の目安

時価総額:1,000億円以上

時価総額はあくまでも企業規模や企業の実力の一面ですが、一般的に企業の利益や資産が大きいほど時価総額が高くなります。大企業と呼ばれる企業の多くは時価総額がとても大きいですよね。高ければ高いほど良いというわけでは無いですが、あくまでも一つの目安として1,000億円と考えています。

参照:時価総額|Wikipedia

指標の基準値

PBR:0.5〜2倍

PBRは簡単にいうと、会社の「資産価値」と「株価」を比較したものですね。この数値が高くて配当利回りが高い事はあまりないですが、PBRが低くて配当利回りが高い事はよくありますね。

PBRが低すぎるというのは、問題を抱えていることがあるので適正値として0.5~2倍程度と考えています。

参照:株価純資産倍率|Wikipedia

財務状況の基準

自己資本比率:40%以上

自己資本比率は簡単にいうと「どれだけ借金が多いか、少ないか。」ですね。

会社の場合、個人と違って借金が必ず悪いというわけではないですが、借金が多すぎるというのは不測の事態があった時に困り、配当に影響が出る可能性もありますよね。その為、あくまでも目安ですが、自己資本比率40%以上が基準と考えています。ただし、金融業の場合は事業内容的に自己資本比率が低くなるので、この基準は当てはまりません。

最後に

他の基準としてROA、ROEなどの数値も確認します。

あくまでもこれらの基準は「長期保有で配当金狙い」の私の考えです。数値は客観的に捉えることのできる便利なものですが、もっと重要な事は数字以外にあったりします。

あとは、買うタイミングも重要ですよね。普段からチェックして株価が下落した時に、大丈夫かどうかを見極めてから保有する。そのタイミングも重要ですよね。

「株価下がった!でも、配当も下がった」では意味が無いですからね。