イオンモール(8905)の配当金診断。高い配当性向なので注意したい

勝手に配当金診断!

今回はイオンのショッピングセンターディベロッパー子会社のイオンモール(8905)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

イオンモールの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしてのイオンモール株:★★☆☆☆

年間配当利回りはやや物足りないですが、配当推移は問題ないです。利益が減少したことで配当性向が上昇しているので、どこまで回復するかをしっかり確認していきたいです。

では詳しく見ていきましょう!

イオンモールの株価と財務の情報を確認

まずはイオンモールの株価指標と財務状況を確認していきます。

イオンモールの株価指標の確認

株価:1,805円

PER:17.9倍

PBR:0.88倍

時価総額:4,107億円

注:2023年2月3日のデータ

イオンモールの配当利回りと配当性向を確認

イオンモールの年間配当金は50円予定、株価は1,805円なので予想年間配当利回りは約2.8%です。

予想配当性向は約50%です。配当利回りはやや物足りなく、予想配当性向も高めですね

イオンモールの財務状況の確認

自己資本比率:29%

ROE:4.1%

ROA:1.2%

やや割安感がありますが、業種を考えると目立った感じではないですね。

イオンモール(8905)とは

イオンモール株式会社は、ショッピングセンター事業を展開・運営する企業です。商業ディベロッパーとしては日本屈指の規模です。

参照:イオンモール|Wikipedia

イオンモールの配当金について確認

イオンモールの過去10年間の配当金推移を確認

イオンモールの配当金がどのように推移しているのか10年分をグラフにして見ました。

配当金の推移は良い感じですね。定期的に増配して減配していないので、長期の配当狙いをしたくなる感じはありますね。

イオンモールの配当方針について

イオンモールの配当方針は「配当性向については連結配当性向30%以上」としています。

予想配当性向を考えると、ちょっと気になる感じですね。利益が上がれば問題ないですが、

参照:AEON MALL|株主還元の基本方針

イオンモールの配当権利日と支払い時期はいつ?

イオンモールは年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。2月末が決算です。

中間配当の権利日:8月末
中間配当の支払日:11月頃

期末配当の権利日:2月末
期末配当の支払日:5月頃

イオンモールの利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移

過去10年分のイオンモールの営業利益と純利益のグラフを確認していきます。

利益は結構安定していましたが、2021年2月期から厳しい感じですね。仕方ない部分もあるので、2023年2月期にどこまで戻るかをしっかり見ていきたいですね。

株価チャートの動きを確認

イオンモールの10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 イオンモール株価チャートより

株価は1,800円あたりは、ここ数年で見ると高くはないですが、安いとは言いにくいですね。利回り的にも、1,500円以下くらいから狙いたいですね。

株主優待制度

イオンモールの株主優待はイオンギフトカード、カタログギフトなどから選べますね。

100株で3,000円分なので結構お得感がありますが、個人的にはその分を配当に回しても良いのではと思ったりします。

参照:AEON MALL|株主優待

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします