稲畑産業(8098)の配当金診断。高い配当利回り、増配推移。

勝手に配当金診断!

今回は化学専門商社の稲畑産業(8098)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

稲畑産業の配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての稲畑産業株:★★☆☆☆

年間配当利回りは高めで、配当推移も増配推移です。配当性向も問題ないですが、株価は過去と比較するとやや高めなので慎重に行きたいです。

では詳しく見ていきましょう!

稲畑産業(8098)とは

稲畑産業は主に電子材料・住宅設備関連・化学品・合成樹脂等を扱う専門商社です。住友化学が筆頭株主です。

参照:稲畑産業|Wikipedia

稲畑産業の株価と財務の情報を確認

まずは株価と財務状況の確認していきます。長期保有が前提とはいえ、現状もしっかり把握していきます。

稲畑産業の株価指標を確認

株価:1,705円

PER:6.4倍

PBR:0.57倍

時価総額:1,083億円

注:2021年8月10日のデータ

稲畑産業の財務データ

自己資本比率:48.8%

ROE:7.7%

ROA:3.8%

割安感がありますね。自己資本比率は問題ないですね。

稲畑産業の配当金について確認

稲畑産業の過去10年分の配当金推移を確認

過去10年分の稲畑産業の配当金がどうなっているのか確認していきます。

配当金は右肩上がりでいい感じですね。さすがにこのペースで増え続けるのは難しいと思うのでどこかで緩やかになるとは思いますが、しっかり配当に還元するイメージが強くなりますね。

稲畑産業の配当利回りと配当性向を確認

稲畑産業の年間配当金は70円予定、株価は1,705円なので予想年間配当利回りは約4.1%です。

予想配当性向は約26%です。配当利回りは高く、予想配当性向は低いでのいい感じですね。

稲畑産業の配当方針について

稲畑産業の配当方針は中期経営計画期間中(2023年)は「減配を行わない累進配当の導入」、「総還元性向の目安として30~35%」としています。

累進配当なので減配する可能性はかなり低く、配当性向を見ても今後も増配に期待が持てそうですね。

参照:株主還元・配当|稲畑産業株式会社

稲畑産業の配当権利日と支払い時期はいつ?

稲畑産業は年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算ですね

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

稲畑産業の利益と株価チャートの動きを確認

経常利益と当期純利益の推移グラフ

稲畑産業過去10年の経常利益と当期純利益をグラフにしてみました。

利益は2018年3月期以外は右肩上がり傾向ですね。2022年3月期もいい感じの予想ですね。今後も利益が増えれば配当も増える可能性が高そうですね。

株価チャートの動きを確認

稲畑産業10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 稲畑産業株価チャートより

株価は高めの位置ですね。過去の株価と比較するとやや買いにくい位置ではあります。しかし、過去よりも配当金は多いため、利回り的には十分なので気を付けながら狙いたいですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします