長期の配当狙い投資だからこそ、超高配当の銘柄を避けるべき?

今回は「長期の配当金狙いで投資をしているからこそ、超高配当銘柄は避けるべき」と考える理由について簡単に書いていきます。あくまでも個人の考えです!

配当金狙い株式投資の本質

株式投資のメリットやデメリットはさまざまなモノがありますね。その中でも私は「配当金」を狙い、出来れば毎年受け取る配当金を増やし、将来は配当金だけで生活できるようになるのが目標だったりします。

「毎年受け取る配当金を増やす」

私が株式投資をする一番の理由です。長期に渡ってコツコツと増やすのを目標としています。

配当狙いは長期保有が前提!

日本株の年間配当利回りは平均で約2%です。もちろん、相場全体の株が下落しているときは利回りが上昇して、逆に全体の株が上昇しているときは利回りが下がります。

銘柄で見ると、かなりばらつきがありますよね。配当が無い銘柄もあれば、年間利回りが5%以上の銘柄もあります。仮に年間5%の利回りの場合、20年保有すると配当金だけで元を取ることが出来ます。(税金が引かれるので厳密には20年以上ですが)

これは逆に言うと「かなり長期間保有しないと配当金だけで元を取る事は出来ない」のです。もちろん、元の株式を持っているため、配当金だけで元を取るという考えは微妙ですが・・・。

長期で減配無しの難しさ

過去をさかのぼると20年以上配当を減配していない銘柄は全体の1割ほどです。その中で高配当を維持しているとなるとかなり限られてきます。

もちろん、20年前と現代では配当金に対する企業の考え方が変わっているので、これから先は「長期間減配なし企業」が以前より増える可能性はかなり高いです。それでも「長期間、高配当を維持」に限るとごくわずかだと考えています。

一時的な超高配当銘柄は良い

高配当銘柄というのは配当が高くて利回りが高いのではなく、株価が下落したので利回りが高い銘柄が多いのです。

もちろん、全ての銘柄ではないです。一時的に大きく株価が下落したタイミングの高配当利回りは、時としてチャンスだと思います。2020年3月に新型コロナの影響で大きく株価が下落した時はまさしく、そのチャンスでしたよね。

超高配当銘柄には危険(リスク)がある

ずいぶんと前になりますが、リーマンショックも買いのチャンスでした。しかし、リーマンショックで大きく株価が下落した銘柄の中には、配当を大きく減配した銘柄も沢山あります。

なぜ高配当利回りなのか

新型コロナの影響で業績が悪化するのでは、と考えられて株価が下落。実際に業績が悪化すれば当然、配当が減る可能性は上がりますよね。でも、これは一時的であれば問題ないのです。

リーマンショックでも大きく業績が悪化して株価が下落、配当が減った企業も沢山あります。しかし、その後、業績も配当も直ぐに回復した企業は沢山あります。その時に安く保有出来たことで高配当利回りになっている銘柄もあります。

配当が高くて安心の企業が放置されるとは考えにくい

大きく株価が下落、一時的に配当利回りが高いのは置いといて、普段から超高配当で放置されている銘柄には危険な銘柄があります。これは別に高配当だから危険と言うわけではないです。元々は配当があったけど無配当になった銘柄の方がよっぽど危険だと思います。

しかし、普通に考えてみてください

「配当利回りが高くて、今後も配当が維持される、会社として問題が無い」ならだれもが欲しがるはずです。

少なくともそんな銘柄があれば、私は保有したいです。そうなれば当然株価は上がって配当利回りは下がりますよね。でも、そうではなく高配当なままなのはそれなりの理由があるってことですよね。

配当利回りは高い方が良いです。しかし、減配しては意味が無いですよね。仮に一時的な減配当ならばよいですが、何年も無配や配当が戻らないと、「なんで保有しているんだろう?早く売りたい!」となってしまいますよね。

全ての銘柄ではないですが、超高配当銘柄にはこんな銘柄もあるので注意しています!とはいえ、利回り1%程度では、将来、何倍にも大きく配当が増えない限りおいしくないのも現実ですが・・・。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします