配当狙いで株を保有するタイミングは「あえてズラす」

配当狙いで株を保有するタイミングは「あえてズラす」

株を保有する、いわゆる「買うタイミング」と言うのは非常に難しいですよね。しかし、長期保有で配当狙いをする私は買うタイミングをシンプルに考えています。

今回は私が配当狙いで株を保有するタイミングについて書いていきます!

慌てて買わない、下がるときは必ずある

「この株、配当利回りが高い!」と見つけた時が買い時というのはよっぽどないと思います。リーマンショック、コロナショックのように大きく株価が下がるタイミングは何年も株取引をやっていると必ず起きます。

その時に、「欲しい株が沢山あるけど、買うお金がない」というのは非常にかなしいですよね。

手元に資金を残しておく

「よし、株価が下がった!配当利回りが高い!」と一気に買うと更に株価が下がることがあります。もちろん、買ったタイミングがベストタイミングで、そこから株価が上昇すればいいですが・・・それは当然、難しいですよね。

「安い!」と思っても一気に買わない

まず第一に気を付けていることです。もちろん、現金で持っていてもお金は増えないので、現金と株の比率は悩みどころですが、少なくともナンピンできる分は残しておきたいですよね。

例えば・・・

毎月もしくは毎年投資に使えるお金、買う株の株価、本人の思想などによって現金と株券の比率は異なると思います。あくまでも私の考えですが、

証券会社に入れているお金のうち基本は3割以上現金で残すようにしています。

私は2020年3月のコロナショック時に株を買い進めたので、現金が2割程度になりました。そのため今は現金比率を高めるために株を買うのを控えてます。約半年が過ぎ、証券口座に投資に回すお金を入金していますが、まだ現金比率が3割以上には届かないので、しばらくは買わない方針です。

長期保有と言うのをよく考える

短期売買ならば現金比率はそこまで気にしないかもしれないです。しかし、配当狙いでは長期保有が大前提です。「欲しい株があるけどお金が足りないので、保有株を売りお金を作る」個人的にはこれは一番やってはいけないことだと思っています。

株を買う理由・売る理由

保有している株を売るタイミングは色々あると思いますが、他の株を買うためだけに保有株を売るというのは、ちょっと違いますよね。

「将来、他の株を買うために現金比率を高めておくために売る」のと「今欲しい株があるから、株を売る」とでは全然意味が異なりますよね!

ベストタイミングはわからない

株が安い時というのが分かれば、その時に買いますが、そのタイミングを見極めるのは難しいですよね。だからこそ、長期保有の配当狙いなのです。つまり、あらかじめナンピンを想定しているとも言えますよね。

じっくり行くのが私の長期配当狙いです。株の売買のベストタイミングが分かれば、配当狙いより短期売買の方がはるかに利益が出ますよね。それができないので長期でじっくりと配当狙いです^^

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な判断です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします