株式投資は長期保有が理論上お金が増える確率が高いという話

今回のお話は「あくまでも理屈的に」です。得意不得意など様々な要素を排除したあくまでも確率的な話で良く聞く話です。短期投資がダメで長期投資がOKという話ではないです。

あくまでも確率的な話

投資の手法や考え方は人それぞれですよね。私自身、短期投資が悪いとは思いません。一気に資産を増やすには短期で売買するのが1番ですし、短期投資が出来た方が良いと思っています、その方が可能性が広がりますし。しかし、短期売買には不利な点があるのです。

取引回数が増えると手数料が増える

投資をしている人は必ずと言っていいほど知っている事ですね。何回も取引したらその分、手数料がかかります。そのため「取引回数は出来るだけ少ない方が良い」という理由で長期保有の人もいますよね。

証券会社は手数料で成り立つビジネスなので、多く取引をしてもらいたいですよね。

取引回数が増えるとマイナスになる?

短期投資の場合、基本は「キャピタルゲイン狙い」になります。つまり、お金を増やす手段としては「買った時よりも高い株価で売る事」のみになります。(信用取引で売りから入るなどもありますが・・・)

ここで一つの例を考えてみます。株を購入して10%上昇したら利益確定、10%減少したら損切りというルール。これはよく見るルールですよね。

100万円分購入した場合、110万円になったら利確、90万円になったら損切りですね。

次に、増えた110万円で購入して10%減少し損切りしたら99万円になります。逆に減った90万円で購入して10%上昇し利確したら99万円になります。

このように全力で転がしていくと利確と損切りが同じ回数の場合、資産はどんどん減っていくのです!

上がる確率、下がる確率ともに同じで、利益確定、損切りを同じライン、増えた分・減った分をそのまま転がすとした場合はどんどんマイナスになるのです。

長期投資が必ず正解というわけではない

次に配当狙いの長期保有を考えています。はじめにも書きましたが、あくまでも理論的な話です。当然、メリットもデメリットもあります。

配当狙いの長期投資

長期保有の場合は基本「インカムゲイン狙い」になります。つまり配当金ですね(もちろん、長期でキャピタルゲインを狙うケースもありますが)。会社がしっかり利益を生み出し、その中から配当金を出している限り、理論的にはプラスになり続けます。

現実はそんなに簡単ではない

会社が利益を出し、その利益から配当金を出している時は問題ないです。しかし、全ての会社が利益を出し続けるわけではないです。

利益以上の配当金を出すこともあります。その場合、会社の資産を崩している可能性があります。蓄えがある場合、たまには利益以上の配当も問題ないですが、何年も続くのは危険ですよね。また、当然ですが赤字が続けば上場廃止や倒産することもあります。

上場廃止にならなくても、配当金が無くなった株を保有し続ける塩漬けは、お金を減らしているようなものです。

最終的には人それぞれ・・・

投資で大きく利益を手に入れた人は短期投資が目立ちます。逆に、大きく損失が膨らむ人も短期投資の人が多いです。

短期投資から長期投資に変えたら利益が出るようになった。逆に、長期投資では利益が出なかったが、短期に変えたら利益が出るようになった。これはどちらも聞く話です。

人それぞれ見方、考え方など違いがあるので100%の正解はないです。色々な事を知り、色々な方法を自分で試すことで自分に合ったものを見つけることができますよね。

何処にラインを引くかが重要

長期の配当狙いはあくまでもお金が増える確率が高い、というだけです。極端な話、金額を気にしなければ銀行にお金を預ければ増えます(雀の涙ほどなので個人的にはマイナスだと思っていますが・・・)。

つまり、1年で資産を3%ほど増やしたいというのなら長期配当狙い投資で良いですが、倍に増やしたい場合、長期の配当狙いでは無理です。自分が何を目指しているか。それが投資スタイルを決める重要なポイントですよね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な判断です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします