北海道電力(9509)の配当金診断。配当が回復しつつあり、高い利回り

勝手に配当金診断!

今回は北海道や首都圏で電力小売り、発電事業を行う北海道電力(9509)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

北海道電力の配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての北海道電力株:★★★☆☆

年間配当利回りは高く、配当性向も問題ないです。配当は回復しつつあり、株価は過去と比較すると安めですが、利益が減少予想なのは注意するポイントです。

では詳しく見ていきましょう!

北海道電力(9509)とは

北海道電力は北海道や首都圏で電力小売り事業や発電事業を行っています。停止中の原発の再稼働を目指しています。

参照:北海道電力|Wikipedia

北海道電力の株価と財務の情報を確認

まずは北海道電力の株価指標と財務状況を確認していきます。

北海道電力の株価指標の確認、割安感がありますね

株価:519円

PER:5.3倍

PBR:0.38倍

時価総額:1,117億円

注:2021年10月22日のデータ

北海道電力の財務状況の確認

自己資本比率:14%

ROE:12.9%

ROA:1.8%

結構割安感がありますね。自己資本比率は低めですね。

北海道電力の配当金について確認

北海道電力の過去10年間の配当金推移を確認

北海道電力の配当金がどのように推移しているのか10年分をグラフにして見ました。

一時は無配転落していましたが、ここ最近は復活していますね。とはいえ、昔の50円、60円にはまだまだ届かない感じですね。

北海道電力の配当利回りと配当性向を確認

北海道電力の年間配当金は20円予定、株価は519円なので年間配当利回りは約3.9%です。

予想配当性向は約20%です。配当利回りは高く、予想配当性向は低めで良いですね。

北海道電力の配当方針について

北海道電力の配当方針は「安定配当の維持を基本に、中長期的な経営環境や収支状況などを総合的に勘案」としています。

何とも言えない感じですが、緩やかに配当が回復しているので利益が安定すれば更に配当が増える可能性もありそうですね。

参照:配当等について|北海道電力

北海道電力の配当権利日と支払い時期はいつ?

北海道電力は年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算です。

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

北海道電力の利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移

過去10年分の北海道電力の営業利益と純利益のグラフを確認していきます。

利益は回復していますが、2022年3月期は結構厳しめの予想ですね。まだ減配するほど悪いわけでは無いですが、これまでを見ると増配するにはしっかり利益を確保しないと難しそうな感じですね。

株価チャートの動きを確認

北海道電力の10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 北海道電力株価チャートより

株価500円辺りは結構下落した位置で安めですね。400円が最安と考えるとまだまだお得感はありそうです。利回り的にも狙えそうですが、利益が減少する予想なのでしっかり確認してから狙いたいですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします