ユー・エス・エス(USS)(4732)の配当金診断。高めの配当性向方針・連続増配

勝手に配当金診断!

今回は中古車オークション最大手のユー・エス・エス(USS)(4732)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

ユー・エス・エスの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしてのユー・エス・エス株:★★★☆☆

年間配当利回りは高めですが、配当性向も高めです。高めの配当性向方針なので大きくは気にしなくてもいいかもしれないですが、高めの配当性向方針に加えて株主優待も実施しているのは個人的に気になります。

では詳しく見ていきます!

ユー・エス・エス(USS)(4732)とは

株式会社ユー・エス・エスは自動車オークションの運営を行う企業です。子会社には「ラビット」などがあります。

参照:ユー・エス・エス|Wikipedia

ユー・エス・エスの株価と財務の情報を確認

まずはユー・エス・エスの株価指標と財務状況を確認していきます。

ユー・エス・エスの株価指標を確認

株価:1,789円

PER:16.8倍

PBR:2.59倍

時価総額:5,604億円

注:2021年10月22日のデータ

ユー・エス・エスの財務データを確認

自己資本比率:83.5%

ROE:2.3%

ROA:2%

PBRはやや割高ですね。自己資本比率は高いですね。

ユー・エス・エスの配当金について確認

ユー・エス・エスの過去10年分の配当金推移を確認

下記はユー・エス・エスの10年分の配当金の推移グラフです。

配当金はしっかり増えていますね。大きくは増えていないですが、確実に増えているのは長期保有で魅力的ですね。2022年3月期も増配予定です。

ユー・エス・エスの配当利回りと配当性向を確認

ユー・エス・エスの年間配当金は58.4円予定、株価は1,789円なので年間配当利回りは約3.3%です。

予想配当性向は約55%です。配当利回りは合格ラインですが、予想配当性向は高めですね。

ユー・エス・エスの配当方針について

ユー・エス・エスの配当方針は「連結配当性向55%以上を目安」としています。

配当方針で目安となる配当性向を引き上げているのもあり、配当は連続して増えていますね。

参照:株主になるメリット|USS

ユー・エス・エスの配当権利日と支払い時期はいつ?

ユー・エス・エスは年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算です。

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

ユー・エス・エスの利益推移と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移グラフ

過去10年分のユー・エス・エスの営業利益と純利益の推移をグラフにしてみました。

2021年3月期は特別損失計上で純利益が大きく減少していますね。営業利益の推移に大きくな問題はなく、純利益も2022年3月期には大きく回復する予定なので、しっかり確認していきたいですね。

ユー・エス・エスの株価チャートの動きを確認

下記はユー・エス・エス10年間の株価の動きです。

参照:SBI証券 ユー・エス・エス株価チャートより

株価1,800円あたりは高くもなく、安くもない感じですね。利回り的に十分ですが、1,500円付近だとさらに狙い目な感じもしますね。

株主優待を確認

ユー・エス・エスは株主優待を年2回実施しています。内容は下記です。

100~499株で500円のQUOカード
500~999株で2,000円分のギフトカード
1000~9999株で5,000円相当のカタログギフト
10,000株以上で10,000円相当のカタログギフト

個人的には配当性向の目安が55%あるので、そこに優待も実施となると少し不安になりますね。

参照:配当・株主優待|USS

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします