長期配当狙いの保有株を売却する時は「株価が下落しているとき?」

長期配当狙いの保有株を売却する時は「株価が下落しているとき?」

株を長期保有して配当金収入を増やすことを目的としている私は「基本的には」株を売りません。何年も保有します。

基本的には売らない。

と言うのが実はポイントで、絶対売らないわけではないです、当然ですが・・・。今回は、長期配当狙いの私が「株を売るとき」について書いていきます!

個人的に株を保有する(株を買う)理由

私は株を短期売買してお金を稼ぐ人ではないです。それは単純に「短期売買が下手」というのと、「ずっと相場を見れない」という理由からです。

そのため、「長期保有して配当金収入を狙う」投資をしています。細かくはもっと色々とありますが・・・。ざっくりいうと配当狙い、長期保有です!

長期保有とはどれくらいの期間なのか

単純に短期保有、長期保有と言っても、人によってバラバラだと思います。個人的に1年以上は最低保有、理想は永久に保有が長期保有と捉えてます^^

基本的に株を売らない理由

当然ですが、株価は上がったり下がったりしますよね。コロナの時のように大きく下がることも長期で保有していると必ずあります。大きく下がった時に買うため、ある程度の余力は残しつつ、基本的に「買い進めて保有銘柄を増やす、保有株式数を増やす」ことをします。

そうすることで、減配が無ければ毎年、配当金収入が増えていきます。あくまでも私はこれが理想と考えています!

株を売るときとはどんな時なのか

とはいえ、保有した株を100%絶対に売らないというわけではないです。当然ですが、色々と売るケースがあります!

株を売る条件は株価が上昇しているとき?

基本的に株価が上昇しているときはほぼ売りません。

個人的に、株価が上昇しているときに売る条件としては「2倍~3倍以上上昇」、「300株、400株以上保有」している場合は一部売りますが、多少上昇した程度では当然、売りません。

例えば1,000円の株を100株保有して、毎年5,000円配当金がもらえるとします。20年で10万円配当金がもらえますが、仮にこの株が2,000円まで上昇して売れば20年分の配当金10万円を即手にできます。

が、当然そこまで株価が上昇するというのは、さらに株価が上昇する可能性や配当金が増える可能性があります。そのため、200株、300株と持っている場合は100株だけのように一部を売ることはありますが、100株しか持っていない場合は基本売りません。

基本的に株価上昇の時に株を売るのは一時収入のために、将来の収入を削ることになると考えています!

株を売るのは株価が下落しているとき!

では、私が株を売るのはどんな時か、それは株価が下落しているときです。

とはいえ、一言で株価が下落には様々な理由があります。例えば、コロナで下落した株は山のようにありますが、それでは当然売らないです。

それで売っていたら全部の銘柄を売ることになり大損してしまいますからね!あくまでも一時的な理由ではなく、業績悪化が続いて配当が減りそう、もしくは減って、今後の配当も心配なときです。それすなわち一時的な下落ではなく、長い目で見て株価が下落しているときです。

最後に

株価が下落したから売る。と言うよりは業績が連続悪化、一時的ではなく長期的な配当が心配な時ですかね。長期保有ではどこかで株価が下落することがあるので、ちょっとの株価下落で売っていたらとんでもないことになります。

基本的には売らないですが、業績悪化が続いて配当金が減る・しばらく無配となってしまっては保有している意味がないので早めに切り上げます。

「配当は低いけど、売ると損をしてしまう」と考えるのではなく、「他の株を保有すれば配当金がもらえる」結果得をする。と考えるようにしています!

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な判断です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします