配当狙いの株式投資はDOE(株主資本配当率)目安を採用してる銘柄が安定?

今回、株の長期保有で安定配当を狙う場合、「配当方針でDOE目安」を設定している銘柄が安定するのではないか、について書いていきます。

配当性向とDOE(株主資本配当率)について

配当方針は企業によりさまざまですよね。安定配当を目指すのか、業績に連動するのか。日本企業の多くが採用しているのは「配当性向」で、近年増えてきているのが「DOE」です。

配当性向とは

配当性向を簡単にいうと、「企業が1年間で儲けたお金を、どれだけ配当金に回したか」というものです。そのため、配当金額が同じでも、利益が増えれば配当性向が下がり、逆に利益が減ると配当性向が上がります。

期ごとの利益が安定しない企業が配当性向を目安に配当を行う場合、配当金が安定しないケースもあります。

DOE(株主資本配当率)とは

DOEとは株主資本配当率、純資産配当率と呼ばれるもので、「株主資本に対してどれだけ配当金として株主に還元したか」というものです。

欧米では割と一般的な指標で、日本企業でも配当性向と合わせてDOE目安を配当方針に出すところも増えてます。

株主資本は資本金や資本剰余金、利益剰余金などで構成されているため、期ごとの純利益よりは大きく動きません。(もちろん、赤字になれば株主資本も減っていきますが・・・)

そのため、DOEを目安にしているほうが配当性向を目安に配当を行うよりも「安定する可能性」が高いです。

配当狙いの長期投資について

株式投資で「配当狙い」と一言で言っても、色々あると個人的には思っています。

長期で安定配当狙い

私は保有銘柄・保有株式数を増やし、受け取る配当金をジワジワと増やすのを目標としています。直ぐに大きく増やすのではなく、「長い時間をかけてじっくり蓄積させる」のが狙いです。

そのため、重要なのは「配当が減らない事」と考えています。保有銘柄や保有株式を増やしても、配当金が減れば受け取るお金が減りますよね。

「配当金が減らない」、「出来れば増える」これはとても重要な事です。特に、高配当利回り銘柄の中には、このまま配当を払い続けるのが難しそうな企業もありますよね。

配当性向ももちろん重要な材料

「DOE目安だから配当が減らない」とは言い切れないです。当然ですが、利益が減り続ければどんな企業でもいつかは配当が減ります(無くなります)。

「利益が無いから、配当金は出せない」これは当たり前ですよね。しかし、ある程度成熟した企業は利益を剰余金として蓄えるので、多少利益が悪くても配当を維持することが出来るのです。

しかし、それは「設備投資などに回すお金を配当に使ってしまうかもしれない」という見方もできたりするので難しい所だったりします・・・

そのため、DOE目安を設定している場合でも、利益・配当性向の推移はとても重要な材料と考えています。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします