配当狙いの長期保有が「投資の原点」と考える理由

初心者向けの投資本では「長期にわたり安定した業績」、「応援したい企業」に投資するべきというのをよく見ます。

今回はそんな「投資の原点」と「長期の配当金狙い」について個人的な考えを書いてみました!

投資スタイルは人それぞれ・・・

「長年安定している大企業に投資する」、「今は小さな企業だが将来大きく伸びそうな成長企業に投資する」。どちらも投資の一つだと思います。

今の業績が全てではない

当然ですが、今の業績が良くても「将来どうなるかは分かりません」よね。過去にさかのぼると、業績が急成長して株価を大きく伸ばした企業が沢山あります。

しかし、競争に敗れて大きく株価が下落した銘柄、中には上場廃止や倒産した企業も沢山あります。

過去や今の業績が良くても、それはあくまでも過去や現在の数字です。

連続増配当だから良いとも言えない

10年連続で増配!という企業は多くあります。基本的に、配当金は利益がないと出せないですが、中には無理をして配当を出している企業もあります。

連続増配当は配当が減るよりはもちろん良い事です。しかし!配当はあくまでも「しっかりと利益が出ている」から出すものですよね。もちろん、時と場合により一概には言えないですが・・・。

何年も無理をして配当を出すとどうなるか、誰でもわかりますよね。

株式投資の原点とは何だろう

そもそも「株式投資の原点」とは何だろうと考えた時、個人的に思い浮かぶのは「投資家がお金を出し、そのお金を使って経営者が事業を行う」。そしてそこで得た「利益を投資家に分配する」です。

安定利益で適切な配当が投資の原点?

「長期にわたり安定業績、適切な配当を実施している銘柄」とは、実は「投資の原点」に近いものと考えています。

もちろん、上場して間もない成長企業に投資するのも株式投資の一つだと思います。投資には色々な種類があり人それぞれ考え方があると思います。

投資の原点と正しい配当狙いの関係

投資の原点を「しっかりと利益を出している」、「利益を配当に適切に還元している」と考えた場合、それすなわち、「正しい長期の配当狙い」なのではないかと考えています。

ただ「今の配当利回りが高いだけ」というのは投資の原点でもなければ、正しい配当狙いでもないと考えています。あくまでも配当は「しっかりと利益を上げ」その利益から「適切に出す」と考えています。

簡単に言うと「適正な配当性向水準」で推移しているですかね。

最後に

投資にはさまざまな種類があり、考え方は人それぞれだと思います。当たり前ですが、100%儲かる、絶対に儲かる投資はありませんよね。仮にそれがあれば誰かに教えるなどせず、自分で全力でやりますから・・・。逆を言うと色々な投資があるというのは「必ず儲かるものは無い」ということですよね。

色々悩んだ時はまずは原点に帰ってみると良い事があるかもしれないですよね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な判断です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします