日本軽金属ホールディングス(5703)の配当金診断。高い利回りだが利益推移は要注意

勝手に配当金診断!

今回はアルミ総合メーカーの日本軽金属ホールディングス(5703)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

日本軽金属ホールディングスの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての日本軽金属ホールディングス株:★★☆☆☆

年間配当利回りは高く、配当性向は問題ないです。直近で利益減少により減配しているのは気になりますが、利益回復予想で配当も回復予定です。利益減少要因をしっかり確認していきたいです。

では詳しく見ていきましょう!

日本軽金属ホールディングス(5703)とは

日本軽金属ホールディングス株式会社は、アルミニウムの一貫生産メーカー日本軽金属などを傘下に持つ持ち株会社です。ダム問題で国・県との間で問題を抱えています。

参照:日本軽金属ホールディングス|Wikipedia

日本軽金属ホールディングスの株価と財務の情報を確認

まずは株価と財務の確認です!過去の動きと・未来を考えるのが重要ですが、現時点も要チェックですね。

日本軽金属ホールディングスの株価は割安

株価:1,986円

PER:6.8倍

PBR:0.64倍

時価総額:1,231億円

注:2021年9月29日のデータ

日本軽金属ホールディングスの財務データ

自己資本比率:37.7%

ROE:1.8%

ROA:0.7%

株価指標はかなり割安ですね。自己資本比率はやや低めですね。

日本軽金属ホールディングスの配当金について確認

過去10年分の配当金推移

過去10年分の日本軽金属ホールディングスの配当金がどうなっているのか確認していきます。

配当は2021年3月期に減配していますね。2022年3月期は大きく回復予定なので、この先安定するようなら良いですが、直近で減配しているのはやや注意したいですね。

配当利回りと配当性向を確認

日本軽金属ホールディングスの年間配当金は85円予定、株価は1,986円なので年間配当利回りは約4.3%です。

予想配当性向は約29%です。配当利回りは高く、予想配当性向は問題ない感じですね。

日本軽金属ホールディングスの配当方針について

日本軽金属ホールディングスの配当方針は「総還元性向30%を基準」としています。

予想配当性向は配当方針に近い感じですね。このまま利益が安定すれば配当も安定しそうですね。

参照:配当金|日本軽金属ホールディングス

日本軽金属ホールディングスの配当権利日と支払い時期はいつ?

日本軽金属ホールディングスは年2回(中間・期末)の配当を実施してます。3月末が決算ですね

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

日本軽金属ホールディングスの利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移グラフ

日本軽金属ホールディングス過去10年の営業利益と当期純利益をグラフにしてみました。

2020年3月期、2021年3月期に大きく利益が減っていますね。その影響で2021年3月期は減配していますね。しかし、2022年3月期は大きく回復する予想で配当も回復予定なので、このまま利益が安定すれば安定配当にも期待が出来ますね。もちろん、要警戒ですね。

株価チャートの動きを確認

日本軽金属ホールディングス10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 日本軽金属ホールディングス株価チャートより

株価2,000円辺りはやや安めという感じですね。配当回復予定で利回り的には十分狙えますが、利益が減少した原因をよく確認して、この先大丈夫かというのを見極めていきたいですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします