オートバックスセブン(9832)の配当金診断。高利回りだが配当据え置きで高い配当性向

勝手に配当金診断!

今回はカー用品世界大手のオートバックスセブン(9832)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

オートバックスの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしてのオートバックス株:★★☆☆☆

年間配当利回りは高いですが、配当性向も高い水準で推移しています。年間配当金が据え置き続きなのをどう見るかで長期の配当狙いとしての判断が分かれそうです。

では詳しく見ていきましょう!

オートバックスセブン(9832)とは

オートバックスセブンはカー用品店最大手のチェーンである「オートバックス」や「スーパーオートバックス」を運営、フランチャイズ展開している企業です。

参照:オートバックスセブン|Wikipedia

オートバックスの株価と財務の情報を確認

まずはオートバックスの株価指標と財務状況を確認していきます。

オートバックスの株価指標の確認、割安感がありますね

株価:1,479円

PER:17.6倍

PBR:0.96倍

時価総額:1,243億円

注:2021年5月13日のデータ

オートバックスの財務状況の確認

自己資本比率:65.6%

ROE:5.7%

ROA:3.8%

PBRは割安ですね。自己資本比率は高めで問題ないですね。

オートバックスの配当金について確認

オートバックスの過去10年間の配当金推移を確認

オートバックスの配当金がどのように推移しているのか10年分をグラフにして見ました。

ここしばらくの配当金は年間60円ですね。減っていないですが、増えていないのはちょっと心配ですね。

オートバックスの配当利回りと配当性向を確認してみた

オートバックスセブンの年間配当金は60円予定、株価は1,479円なので予想年間配当利回りは約4.1%です。

予想配当性向は約72%です。配当利回りは結構高いですが配当性向もかなり高いですね。

オートバックスの配当方針について

オートバックスの配当方針は「「5カ年ローリングプラン2019」(2020年3月期~2024年3月期)の期間中におきましては5年間累計の総還元性向を100%」としています。これまでの配当性向を見てもかなり高めで推移していますね。

参照:配当金・株主優待|株式会社オートバックスセブン

オートバックスの配当権利日と支払い時期はいつ?

オートバックスは年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算です。

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

オートバックスの利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移

過去10年分のオートバックスの営業利益と純利益のグラフを確認していきます。

ここ最近の利益は比較的安定しているとみるか。それとも伸びていないと見るか、難しいところですね・・・。悪くはないですが、良いとも言いにくいですね。

株価チャートの動きを確認していきます

オートバックスの10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 オートバックス株価チャートより

今の株価はやや上昇していますが、利回りや過去の株価を考えるとまだ安いですね。とはいえ、1,000円以下になる可能性もゼロではないので、そこは注意しながらですかね。

オートバックスの株主優待

オートバックスの株主優待は「オートバックスグループギフトカード」ですね。100株を1年以上保有で年間2,000円分ですね。個人的には配当の方が良いですが、近くにお店があって買い物する人にはいいかもですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします