北越コーポレーション(3865)の配当金診断。特別配当で高利回り

勝手に配当金診断!

今回は総合製紙中堅の北越コーポレーション(3865)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

北越コーポレーションの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての北越コーポレーション株:★★★☆☆

年間配当利回りは高く配当推移も問題ないです。しかし、利益の推移がやや気になる感じで、特別配当としているので慎重に見ていきたい部分もあります。

では詳しく見ていきましょう!

北越コーポレーション(3865)とは

北越コーポレーションは日本第5位の製紙会社です。製品は洋紙(コート紙・印刷用紙など)、白板紙、特殊紙など。製紙業界の中でも、生産効率の高い会社といわれています。

参照:北越コーポレーション|Wikipedia

北越コーポレーションの株価と財務の情報を確認

まずは北越コーポレーションの株価指標と財務状況を確認していきます。

北越コーポレーションの株価指標の確認

株価:657円

PER:5.3倍

PBR:0.51倍

時価総額:1,236億円

注:2022年4月21日のデータ

北越コーポレーションの財務状況の確認

自己資本比率:58.1%

ROE:6.5%

ROA:3.8%

割安で、自己資本比率も問題ないですね。

北越コーポレーションの配当金について確認

北越コーポレーションの過去10年間の配当金推移を確認

北越コーポレーションの配当金がどのように推移しているのか10年分をグラフにして見ました。

配当金の推移は悪くないですね。据え置きが続いていましたが、2022年3月期は特別配当が10円でそれが大きい感じですね。

北越コーポレーションの配当利回りと配当性向を確認

北越コーポレーションの年間配当金は24円予定、株価は657円なので年間配当利回りは約3.7%です。

予想配当性向は約19%です。配当利回りは高く、予想配当性向は問題ないですね。

北越コーポレーションの配当方針について

北越コーポレーションの配当方針は「安定かつ継続的な配当を行う」としています。

安定配当方針で、これまでの配当推移を考えても減配する可能性は低そうですが、2022年3月期は特別配当としているので、この部分がどうなるか要確認ですね。

参照:経営指標等の推移|北越コーポレーション株式会社

北越コーポレーションの配当権利日と支払い時期はいつ?

北越コーポレーションは年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算です。

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

北越コーポレーションの利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移

過去10年分の北越コーポレーションの営業利益と純利益のグラフを確認していきます。

利益は結構ガタツキがありますね。2022年3月期は結構伸びる予想ですが、その前は結構不安定な感じも受けるのでちょっと確認していきたいですね。

株価チャートの動きを確認

北越コーポレーションの10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 北越コーポレーション株価チャートより

株価650円あたりは安くはないですが、高くもないですね。利回り的に十分狙えますが、特別配当であることや過去の株価を考えると500円以下から狙いたい感じがありますね。500円以下ならば、特別配当が無くても高めの利回りですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人の感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします。