伊藤忠商事(8001)の配当金診断。高めの利回り、増配期待値も高め

勝手に配当金診断!

今回は傘下にファミリーマートを持つ、伊藤忠商事(8001)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

伊藤忠商事の配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての伊藤忠商事株:★★★☆☆

年間配当利回りは高め、配当方針から今後の増配期待度は高いですが、株価が過去と比較すると高い位置なので、慎重に判断したいです。

では詳しく見ていきましょう!

伊藤忠商事(8001)とは

伊藤忠商事は日本屈指の総合商社ですね。傘下にはファミリーマートをはじめエドウイン、プリマハム、コンバース、エビアンなど有名企業・ブランドがあります。

参照:伊藤忠商事|Wikipedia

伊藤忠商事の株価と財務の情報を確認

まずは株価と財務状況の確認ですね。現状をしっかり把握していきます。

伊藤忠商事の株価指標は割安?悪くはないが・・・

株価:3,686円

PER:7.7倍

PBR:1.29倍

時価総額:5兆8,419億円

注:2022年6月22日のデータ

伊藤忠商事の財務データ

自己資本比率:34.6%

ROE:19.5%

ROA:6.7%

株価は商社銘柄ということもあり割安ですが、ものすごく割安と言う感じではないですね。財務状況も商社銘柄という感じですね。

伊藤忠商事の配当金について確認

伊藤忠商事の過去10年分の配当金推移を確認

過去10年分の伊藤忠商事の配当金推移を確認していきます。

ややばらつきがありますが、しっかり増配していますね。ここ数年も累進配当方針なので配当金が増えていますね。長期の配当狙いではこのように配当が増えている銘柄を保有したいですね。

伊藤忠商事の配当利回りと配当性向を確認

伊藤忠商事の年間配当金は130円予定、株価は3,686円なので予想年間配当利回りは約3.5%です。

予想配当性向は約27%です。利回りは以前ほど高くはないですが、高めですね。予想配当性向も問題ないですね。

伊藤忠商事の配当方針について

伊藤忠商事の配当方針は「累進配当、ステップアップ下限配当(2022年度は120円、2023年度は130円)」、「2023年度までに配当性向30%をコミットメント」としています。

今後の配当にも期待ができる方針ですね。配当性向も問題ないので、今後も増配する可能性が高いですね。

参照:株主還元(配当・自己株式の取得)|伊藤忠商事株式会社

伊藤忠商事の配当権利日と支払い時期はいつ?

伊藤忠商事は年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。3月末が決算ですね

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

伊藤忠商事の利益と株価チャートの動きを確認

経常利益と当期純利益の推移グラフ

伊藤忠商事過去10年の経常利益と当期純利益をグラフにしてみました。

2021年3月期は新型コロナの影響もありましたが、2022年3月期は大きく伸びていますね。2023年3月期はその反動もありやや減益見通しなので、しっかり確認したいですね。

株価チャートの動きを確認

伊藤忠商事10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 伊藤忠商事株価チャートより

株価3,500円以上は高い位置ですね。過去を見ると下落した時はいい押し目になっているので、3,000円くらいまで下落した時に狙いたい感がありますね。とはいえ、過去の株価と考えると慎重に行きたいですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします