ブリヂストン(5108)の配当金診断。配当回復予定で高めの利回りだが少し様子を見たい

勝手に配当金診断!

今回はタイヤ世界大手企業のブリヂストン(5108)の配当金推移と今後の配当について考えてみました。

ブリヂストンの配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしてのブリヂストン株:★★☆☆☆

年間配当利回りは高めで、予想配当性向も適正水準です。2020年12月期に減配しているのは気になりますが、それ以外は悪くないです。株価が高めなので少し様子見したい感じはあります。

では詳しく見ていきましょう!

ブリヂストン(5108)とは

主に車両用のタイヤを生産するメーカーで世界でも有名な企業ですね。スポーツ関係、自転車用など多角化していますがメインはタイヤです。

参照:ブリヂストン|Wikipedia

ブリヂストンの株価と財務の情報を確認

まずはブリヂストンの株価指標と財務状況の確認ですね。特に長期保有では財務を確認しておくことはとても重要ですね。

ブリヂストンの株価情報を確認

株価:5,305円

PER:11.5倍

PBR:1.45倍

時価総額:3兆7,862億円

注:2021年9月10日のデータ

ブリヂストンの財務状況

自己資本比率:58.2%

ROE:—

ROA:—

やや割安な感じですね、自己資本比率は特に問題なさそうですね。

ブリヂストンの配当金について確認

ブリヂストンの過去10年間の配当金推移を確認

ブリヂストンの10年間の配当金の推移をグラフで確認していきます。

2020年12月期は新型コロナウイルスの影響もあり、減配ですね。2021年12月期は増配予定ですね。2020年12月期は仕方がない部分もあるので、今後どうなるかしっかり確認ですね。

ブリヂストンの配当利回りと配当性向を確認

ブリヂストンの年間配当金は170円予定、株価は5,305円なので年間配当利回りは約3.2%です。

予想配当性向は約37%です。配当利回りは高めで合格ライン、配当性向も適正ラインまで戻る予想ですね。

ブリヂストンの配当方針について

ブリヂストンの配当方針は「連結配当性向40%を目安に、安定的且つ継続的な配当額の向上に努める」としています。

2020年12月期は、赤字でも一定の配当は出したという感じですね。安定配当にも気を付けている印象を受けますね。

参照:配当金について|株式会社ブリヂストン

ブリヂストンの配当権利日と支払い時期はいつ?

ブリヂストンは年2回 (中間・期末) の配当を実施してます。12月末が決算です。

中間配当の権利日:6月末
中間配当の支払日:9月頃

期末配当の権利日:12月末
期末配当の支払日:3月頃

ブリヂストンの利益推移と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移グラフ

ブリヂストンの10年間の利益の推移をグラフにしてみました。

2020年12月期は一旦置いといても、営業利益が年々減少しているのは気になりますね。2021年12月期の純利益は大きく伸びますが、営業利益はやや気になる感じですね。

株価チャートの動きを確認

ブリヂストン10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 ブリヂストン株価チャートより

株価5,000円以上は過去と比較しても高めの位置ですね。狙い目は4,000円台前半、出来れば3,500円辺りですかね。そのあたりだと、配当を維持したらかなり美味しくなりそうですね。現状だと、悪くはないですが、ちょっと様子見したい感じですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします