大同特殊鋼(5471)の配当金診断。大きく増配で高配当利回り

勝手に配当金診断!

今回は特殊鋼で世界首位級の大同特殊鋼(5471)の配当金の推移と今後の配当について考えてみました。

大同特殊鋼の配当金狙い総合判定結果

配当狙いとしての大同特殊鋼株:★★★☆☆

年間配当利回りは高く、配当性向も問題ないです。近年で大きく減配しており、業績に連動する印象があるので安定配当狙いとしては慎重に判断したいですね。

では詳しく見ていきましょう!

大同特殊鋼(5471)とは

大同特殊鋼は大手特殊鋼メーカーです。航空機エンジン用シャフトでは世界シェア30%、携帯電話・ハードディスクドライブ (HDD) モーター用磁石は子会社のダイドー電子で生産し携帯電話用世界シェア35%、HDD用世界シェア50%以上、自動車用ターボチャージャー部品など、様々な製品で高シェアを確保しています。

参照:大同特殊鋼|Wikipedia

大同特殊鋼の株価と財務の情報を確認

まずは株価と財務の確認です!

大同特殊鋼の株価は割安

株価:4,135円

PER:8.0倍

PBR:0.56倍

時価総額:1,796億円

注:2021年12月13日のデータ

大同特殊鋼の財務データ

自己資本比率:46%

ROE:1.4%

ROA:0.7%

PBRはかなり割安ですね。自己資本比率は問題ないですね。

大同特殊鋼の配当金について確認

過去10年分の配当金推移

過去10年分の大同特殊鋼の配当金がどうなっているのか確認していきます。

2020年3月期、2021年3月期は大きく減配していますね。2022年3月期に大きく増配する予定ですが、安定配当を考えると慎重に判断したいですね。

配当利回りと配当性向を確認

大同特殊鋼の年間配当金は160円予定、株価は4,135円なので年間配当利回りは約3.9%です。

予想配当性向は約31%です。配当利回りは高く、予想配当性向も問題ないですね。

大同特殊鋼の配当方針について

大同特殊鋼の配当方針は中期経営計画にて「配当性向30%を目安」としています。

配当金の推移を見ても業績に連動する印象が強めですね。

参照:配当金情報|大同特殊鋼

大同特殊鋼の配当権利日と支払い時期はいつ?

大同特殊鋼は年2回(中間・期末)の配当を実施してます、3月末が決算ですね

中間配当の権利日:9月末
中間配当の支払日:12月頃

期末配当の権利日:3月末
期末配当の支払日:6月頃

大同特殊鋼の利益と株価チャートの動きを確認

営業利益と当期純利益の推移グラフ

大同特殊鋼過去10年の営業利益と当期純利益をグラフにしてみました。

利益は結構厳しい感じで減少していましたが、2022年3月期は大きく回復予定ですね。ここから利益が増えれば更に配当も増えそうですが、利益が減ると配当も減る可能性が高そうですね。

株価チャートの動きを確認

大同特殊鋼10年間の株価チャートの動きです。

参照:SBI証券 大同特殊鋼株価チャートより

株価4,000円あたりは過去と比較すると安めですね。株価の動きを見ると3,000円が安くて6,000円が高いという感じですね。配当利回りは十分ですが、近年で大きく減配しているのは長期の安定配当狙いで考えると慎重に行きたいですね。

注:長期保有の配当金狙い投資としてのあくまでも個人的な感想です。投資の判断はくれぐれも個人の判断でお願いします